くらし情報『【インタビュー】“野獣”の次はジブリ作品へ? ダン・スティーヴンスの“ひそかな夢”』

2017年4月16日 12:00

【インタビュー】“野獣”の次はジブリ作品へ? ダン・スティーヴンスの“ひそかな夢”

Photo by cinemacafe.net

演じたダン・スティーヴンス自ら、「大金持ちで、わがままに育てられていて、うぬぼれ心が強く、女性を物のように扱う男」と言い表す“王子”は、『美女と野獣』の中でたちまち魔女の怒りを買い、“野獣”の姿に変えられてしまう。ダンの魅力的な外見を知る者なら誰でも、そんな王子の浅はかさを呪わずにはいられないだろう。それは撮影時のダンにとっても、同じことだったと言えるかもしれない。

「撮影中の僕は竹馬のようなものに乗り、CGで筋肉を描き足すためのボディスーツを着る必要があった。野獣の背丈や体の大きさを考慮してね。その状態で撮影を進めながら、27個の小さなカメラがセットされたブースの中で数週間おきに顔の表情のデータも撮っていく。要するに、違う状況で2度演じたものを組み合わせて野獣が完成するのだけど、(ハルク役で)CG撮影の経験豊富なマーク・ラファロに話を聞いたら、『そんなの難し過ぎて不可能だ!』と言っていたよ(笑)」。

そのうえ、「ボディスーツは熱いし、重かった。かさばるしね。内側に熱がこもるから、スーツの下に冷却用のベストも装着していたんだ。F1レーサーが着るものを参考に作ってもらったのだけど、これが余計に重くて…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.