くらし情報『「賭ケグルイ」実写ドラマ化!『ヒロイン失格』英勉が監督「滾ってしまいます」』

2017年11月22日 08:00

「賭ケグルイ」実写ドラマ化!『ヒロイン失格』英勉が監督「滾ってしまいます」

Photo by cinemacafe.net

河本ほむら・原作、尚村透・作画の月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)にて連載中の大ヒット漫画「賭ケグルイ」が、MBS/TBSドラマイズム枠で実写ドラマ化されることが決定。監督を、『ヒロイン失格』『あさひなぐ』などで知られるヒットメーカー英勉(はなぶさ・つとむ)が務める。

本作の舞台は、政財界の有力者の子女が多数通う、創立122年を迎える私立百花王学園。ここで生徒たちの階級を決定するものは、“ギャンブルの強さ”。勝った者は支配する側に立ち、敗れた者は財産も、尊厳も奪われる。ある日、この学園に転校してきた謎多き少女、蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)。一見すると清楚な美少女だが、彼女は、リスクを負うことに快感を覚える「賭ケグルイ」だった――。

原作は、常軌を逸したギャンブルに身を投じる個性豊かな“賭け狂った”キャラクターたちの魅力と、「投票じゃんけん」「ダブル神経衰弱」「二枚インディアンポーカー」などの精巧に練り上げられたオリジナルゲームの完成度の高さで人気を博すコミック。「賭ケグルイ双」「賭ケグルイ妄」などサブキャラクターを主役にしたスピンオフ作品も生み出され、軒並みヒットを記録、11月時点でシリーズ累計370万部を突破している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.