くらし情報『オリンピックが迫る今、もう1度あの頃の興奮を思い出して…金ロー『ALWAYS 三丁目の夕日'64』』

2017年11月22日 12:45

オリンピックが迫る今、もう1度あの頃の興奮を思い出して…金ロー『ALWAYS 三丁目の夕日'64』

Photo by cinemacafe.net

昔懐かしい昭和の日本を描いた大ヒットシリーズの3作目となり、吉岡秀隆堤真一小雪堀北真希らが出演した『ALWAYS 三丁目の夕日’64』が、11月24日(金)の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」でオンエアされる。

本作は西岸良平によるコミック「三丁目の夕日」を実写映画化し2005年に公開され、大ヒットした『ALWAYS 三丁目の夕日』、その続編として2007年に公開された『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続くシリーズ第3作として2012年に公開。

1作目、2作目では昭和33年(1958年)の東京の下町・夕日町三丁目を舞台に、そこに暮らす人々の姿を描き、多くの観客の郷愁を誘い、1作目は第29回日本アカデミー賞では全部門(13部門)にノミネートされ、13部門中12部門で最優秀賞を獲得するなど、日本映画史に残る作品となった。

今作では舞台をタイトルにあるように6年後の1964年とし、東京オリンピックの熱気に包まれた夕日町三丁目を舞台に懸命に生きる家族たちの姿を描く。

東京オリンピック開催目前の1964年。人気作家として活躍中の茶川(吉岡さん)とヒロミ小雪さん)の元で育てられた淳之介(須賀健太

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.