くらし情報『齊藤工監督&高橋一生の素顔も…『blank13』舞台挨拶に潜入「アッパレ!日本の縁の下さま」』

2018年4月5日 12:40

齊藤工監督&高橋一生の素顔も…『blank13』舞台挨拶に潜入「アッパレ!日本の縁の下さま」

Photo by cinemacafe.net

梅沢富美男がテレビ東京ゴールデンタイムで初MCを務める「アッパレ!日本の縁の下さま~隠れたスゴい職業応援バラエティー~」が、4月6日(金)に2時間スペシャルで放送される。各界の様々なトップランナーたちを「縁の下」から支える職業に焦点を当てたバラエティーは、今回、齊藤工・監督×高橋一生・主演の映画『blank13』舞台挨拶の裏側にも潜入した。

■著名人を支える、知られざる「縁の下の力持ち」に密着!

昨年10月7日に放送され、好評を得た番組「アッパレ!日本の縁の下さま」がパワーアップしてゴールデンタイムに放送。「縁の下さま」とは、表舞台で活躍する著名人を「縁の下の力持ち」となって支える人たちのこと。普段はスポットライトの当たらない彼らに密着し、知られざる技や熱い思いを取材。「縁の下さま」の熱い思いや知られざる匠の技を「縁の上さま」にVTRで見てもらい、「これは知らなかった!」「ありがとう!」を、この番組きっかけに生みだしていく。

前回密着したのは「相撲界」「フィギュアスケート界」「政界」の3分野。相撲の土俵に使われる土を国内で探し、提供する仕事だけで生計を立てる土業者。フィギュアスケートの靴の先の刃だけを研ぎ続け、生計を立てる研磨師。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.