くらし情報『【シネマVOYAGE】海から現れたミステリアスな男を受容する不思議な街…『海を駆ける』』

2018年5月27日 08:30

【シネマVOYAGE】海から現れたミステリアスな男を受容する不思議な街…『海を駆ける』

Photo by cinemacafe.net

深田晃司監督の映画は「考えさせてくれる」映画で、新作の『海を駆ける』も、やはり考えさせてくれる映画。そして不思議な感動と出会わせてくれた映画でした。

物語の舞台はインドネシアの最西端に位置する港街バンダ・アチェ(アチェ州の州都)。2004年のスマトラ島沖大震災で津波による壊滅的な被害を受けながらも復興を遂げつつある街です。

深田監督がこの映画をバンダ・アチェで作るきっかけとなったのは、2011年東日本大震災の後に京都大学とアチェのシアクアラ大学が共同で開催した「津波と防災に関するシンポジウム」の撮影を依頼され、アチェを訪れたことだったそうです。

映画のなかでも震災について触れてはいますが、震災を描いた映画というよりも、インドネシアで生きる若者たちが、ある日、海からやって来た正体不明の男ラウ(ディーン・フジオカ)と出会い、一緒に過ごした日々を描いたファンタジーであり青春群像劇。

海で発見されたその男は記憶喪失と診断され、インドネシア語で「海」を意味するラウと名づけられます。身元が分かるまでNPO法人で災害復興の仕事する貴子(鶴田真由)の家に滞在することに。彼女の息子タカシ(太賀)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.