くらし情報『山田孝之&菅田将暉コンビに「最高」の声…「dele」第1話』

2018年7月28日 08:16

山田孝之&菅田将暉コンビに「最高」の声…「dele」第1話

Photo by cinemacafe.net

気鋭のベストセラー作家・本多孝好が描く完全オリジナルストーリーを山田孝之と菅田将暉のW主演で描く金曜ナイトドラマ「dele」(ディーリー)の第1話が7月27日深夜に放送。劇中でみせた山田さんの“車椅子アクション”が反響をよんでいる。

本作は「ストレイヤーズ・クロニクル」「真夜中の五分前」「at Home」など著作が次々と映画化されている本多さんが山田さんと菅田さん2人にあてがきしたキャラクターが主人公。2人を中心に「デジタル遺品」から生まれる誰も描いたことのない人間ドラマを、1話完結型形式で描いていく。

車椅子の天才プログラマ・坂上圭司を山田さんが、元何でも屋の青年・真柴祐太郎を菅田さんが、坂上の姉で弁護士の舞を麻生久美子がそれぞれ演じる。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
裁判の被告になっていた祐太郎に興味を持った舞が、保釈と引き換えに圭司の会社「dele. LIFE」を手伝うように告げる。その仕事とは依頼人の依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事。依頼人はアプリをスマホなどにインストール、一定期間デバイスが操作されないと圭司の元に連絡がいき、死亡確認が取れ次第データを遠隔で削除するというものだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.