くらし情報『高橋一生、意味深発言!? 過去に戻って「とっても声をかけたい人がいます」』

2019年1月30日 12:52

高橋一生、意味深発言!? 過去に戻って「とっても声をかけたい人がいます」

Photo by cinemacafe.net

作家・松尾由美の小説を映画化した『九月の恋と出会うまで』の完成披露イベントが1月30日(水)、東京・港区の乃木神社で行われ、初共演でダブル主演を務める高橋一生川口春奈が出席した。

川口春奈、初共演した高橋一生は「優しい兄貴です」

引っ越したマンションで「1年後のあなたに危険が迫っている」という不思議な声を耳にした志織(川口さん)は、小説家志望の隣人・平野(高橋さん)に相談を持ちかける。次第に惹かれあう2人だが、タイムパラドックスが原因で、志織の身には思わぬ危機が迫っていた…。

高橋さんは、初共演した川口さんについて「すごくチャーミングで、コミカル。勝手にこちらが抱いていたイメージが、いい意味で毎日崩れていった」のだとか。一方、高橋さんとの共演が念願だった川口さんは「初めてお会いし、お仕事をご一緒させていただき、印象はそのまま。分からないことをいろいろ教えてくれたり、いつも相手をしてくださった。優しい兄貴です」と話していた。

高橋一生、「戻りたい過去はいつ?」と聞かれて…

恋愛ストーリーに、タイムパラドックスなどSF的な要素も含んだ本作について、高橋さんは「あまり飛躍しないように、(あくまで恋愛ものとして)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.