くらし情報『日本人初の快挙!「サンダンス映画祭」審査員特別賞受賞『ウィーアーリトルゾンビーズ』』

2019年2月4日 18:30

日本人初の快挙!「サンダンス映画祭」審査員特別賞受賞『ウィーアーリトルゾンビーズ』

Photo by cinemacafe.net

佐々木蔵之介永瀬正敏菊地凛子池松壮亮らが出演する長久允監督長編映画デビュー作『ウィーアーリトルゾンビーズ』が、「第35回サンダンス映画祭」コンペティション部門に正式招待、この度見事、日本人初の快挙となる“審査員特別賞”を受賞した。

2017年、第33回サンダンス映画祭(ショートフィルム部門)にて、日本映画初のグランプリを獲得した長久監督の作品とあって、映画祭期間中、全5回行われた一般上映会では、開場30分前から長蛇の列ができ、上映後には長久監督のもとに多くの観客が押し寄せ、その注目度の高さがうかがえた。

現地時間2月2日19時に行われた授賞式では、本作のタイトルが呼ばれると、会場のボルテージは一気に最高潮に。受賞の瞬間、会場は割れんばかりの拍手と歓声の嵐に包まれていた。

今回、コンペティション部門での審査員特別賞は、日本人史上初。受賞に関して長久監督は「この作品は僕のすべてをかけて作った作品です。それが皆さんに受け入れてもらってすごくうれしいです。すべての若い人たちに、絶望と戦う力を与えられたら良いなと思います」と喜びを語っていた。

また選出について、審査員のチャールズ・ギルバードは「最後の最後まで驚きに満ち、想像を掻き立てる無限かつ素晴らしい独創性に対し、ワールドシネマドラマティックの審査員特別賞・オリジナリティ賞を贈ります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.