くらし情報『武田真治、小学校時代の“リコーダー事件”とは?「A-Studio」』

2019年9月13日 14:30

武田真治、小学校時代の“リコーダー事件”とは?「A-Studio」

Photo by cinemacafe.net

笑福亭鶴瓶上白石萌歌がMCを担当する「A-Studio」の9月13日(金)今夜放送回に、俳優の武田真治が初登場。放送中の「凪のお暇」も話題の武田さんが、その若さの秘訣や子ども時代の思い出などを語り尽くす。

「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを獲得、深夜ドラマ「NIGHT HEAD」が話題になると「南くんの恋人」や「若者のすべて」など人気作品に多数出演。またドラマ、映画だけでなくバラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」など多方面でも活躍。

昨年NHKで放送された「みんなで筋肉体操」で披露した鍛え上げられた肉体が話題となると「紅白歌合戦」出場も果たし、先日公開された『Diner ダイナー』や放送中の「凪のお暇」などにも出演。今年47歳を迎えるいま、改めて俳優として輝きをみせている。

今回が本番組初登場となる武田さんは17歳で北海道から上京、その後90年代前半に人気ドラマに立て続けに出演、“フェミ男”ブームも相まって、一気にスターダムの階段を駆け上がった。そんな当時を「生意気に振る舞っていた時期もあった」とふり返り反省する武田さん。その素顔を探るため、鶴瓶さんはその頃からの武田さんの恩人「DJ DRAGON」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.