くらし情報『森田剛&吉岡里帆共演で「ファウスト」が現代に 世界初上演舞台「FORTUNE」』

2019年9月17日 18:00

森田剛&吉岡里帆共演で「ファウスト」が現代に 世界初上演舞台「FORTUNE」

Photo by cinemacafe.net

V6森田剛が主演する舞台「FORTUNE(フォーチュン)」が、来年1月より上演されることが決定。吉岡里帆田畑智子根岸季衣鶴見辰吾ら共演者も発表された。

本作は、これまで多くの戯曲を生み出し、トニー賞、オリヴィエ賞などを受賞、2001年の「ヘロンズ(鷺)」では“オリヴィエ賞の最も有望な劇作家賞”にもノミネートされたイギリス演劇界を率引する劇作家サイモン・スティーヴンスが、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの代表作「ファウスト」を、大胆にも“現代のロンドン”を舞台に置き換えた意欲的な新作。

演出は、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーを皮切りに、ドンマー・ウエアハウスやオールド・ヴィック・シアター、ロイヤル・コート・シアターといった英国有数の劇場で数々の作品を手掛け、2009年から約10年間、英国を代表する劇場であるリリック・シアターの芸術監督を務めたショーン・ホームズ。今回満を持して、英国に先駆け日本で世界初上演する。

物語は、映画監督として成功をおさめたものの、幼い頃に自分を捨てた父親とその自殺という事象から常に喪失感を抱えて生きているフォーチュンは、若きプロデューサーのマギーに好意を抱くも、彼女は幸せな結婚生活を送っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.