くらし情報『繊細で緻密…ポン・ジュノ監督の映像表現を堪能できる『パラサイト』』

2019年10月15日 19:30

繊細で緻密…ポン・ジュノ監督の映像表現を堪能できる『パラサイト』

Photo by cinemacafe.net

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞に加え、第92回アカデミー賞においても有力視されている『パラサイト 半地下の家族』。すでに韓国動員1,000万人突破、フランス動員160万人突破ほか、各国でヒットしている本作は、細部(ディテール)にまでこだわるポン・ジュノ監督の映像表現に“ボンテール(ポン・ジュノ+ディテール)”なる造語も生まれ、称賛を集めている。

“ボンテール”という造語まで誕生!唯一無二の圧倒的な映像表現

今年100年目の記念年を迎えた韓国映画界に、初めてのパルムドールをもたらしたポン・ジュノ監督。その最新作となる『パラサイト 半地下の家族』は現代社会が抱える問題を内包しつつ、ユーモア、サスペンス、アクション…映画全ての要素を融合させながらツイストの効いた展開で描き切った。

物語の構成だけでも超一級のエンターテインメント作品として申し分ないが、それに加えて“ボンテール(ポン・ジュノ+ディテール)”も余すことなく堪能できる! と評論家たちが声を揃える。

“ボンテール”とは、役者の台詞や動き、小道具、背景など画面に映し出されるあらゆる要素にメッセージを込める監督の繊細さと緻密さを称賛するため、メディアや評論家が生み出した造語。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.