くらし情報『【インタビュー】『ミッドサマー』アリ・アスター監督、「自分が危機に瀕している方がいいものが書ける」』

2020年2月17日 19:00

【インタビュー】『ミッドサマー』アリ・アスター監督、「自分が危機に瀕している方がいいものが書ける」

Photo by cinemacafe.net

『ヘレディタリー/継承』で全世界に衝撃を与えたアリ・アスター監督が、最新作『ミッドサマー』を引っさげて来日。スウェーデンの奥地の村で行われる「90年に一度の祝祭」を舞台に繰り広げられる妄想やトラウマ、不安、恐怖に満ちた出来事…。前作に続き、独特の世界を作り上げたアスター監督が作品に込めた思いを語った。

作品には自分の分身となるようなキャラクターが登場する

不慮の事故により家族を失ったダニー(フローレンス・ピュー)が、微妙な関係になった恋人・クリスチャン(ジャック・レイナー)に誘われてやってきたスウェーデンの奥地の村で開催される「90年に一度の祝祭」。陽気に歌い踊る村人たちの立ち振る舞いから、幸福に満ち溢れた楽園のような雰囲気を見せるものの、どこか不穏な空気も流れる…。やがてある出来事をきっかけに衝撃の事実が次々に明らかになっていく。

『ヘレディタリー/継承』とは、纏う雰囲気はまったく違うが、登場人物が抱える心の奥底に流れるものは共通点を感じる。アスター監督は「自分が作品の脚本を手掛けるとき、危機に瀕している方がいいものが書けるんです」と笑顔を見せると「両作品とも、自分にとってはパーソナルな内容で、自分の分身となるようなキャラクターがいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.