くらし情報『重岡大毅演じる野中の“闇堕ち”に視聴者の怒り噴出「嫉妬の末路」…「知らなくていいコト」7話』

2020年2月19日 23:50

重岡大毅演じる野中の“闇堕ち”に視聴者の怒り噴出「嫉妬の末路」…「知らなくていいコト」7話

Photo by cinemacafe.net

吉高由里子が殺人犯の娘を演じる水曜ドラマ「知らなくていいコト」の7話が2月19日放送。不倫を追う側にも関わらず尾高と不倫関係となったケイト。2人の“身長差”と、“闇堕ち”した野中への怒りがSNSに殺到している。

本作で吉高さんが演じる真壁ケイトは、映画評論家だった母の死をきっかけに自分の父が無差別殺人犯“乃十阿徹(のとあとおる)”であることを知り、彼氏で同僚の野中春樹からプロポーズを撤回されてしまう。そして乃十阿のことを知ろうとする過程で、元カレで今は妻子がいるカメラマンの尾高由一郎と再び接近していく…という本作。

尾高由一郎役に柄本佑。野中春樹役に重岡大毅。ケイトの母・真壁杏南に秋吉久美子。ケイトの父・乃十阿徹に小林薫。ケイトが勤務する「週刊イースト」編集長・岩谷進に佐々木蔵之介。春樹と付き合うことになった同僚の小泉愛花に関水渚といったキャストが出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
“一線”を超え不倫関係となったケイトと尾高。翌日、ケイトは高熱を出した黒川(山内圭哉)に代わりデスク代理となるが、マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込んできたり、校了前日にも関わらず右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.