くらし情報『佐藤健“天堂”の弱点と嫉妬に「キュン死レベル」など視聴者歓喜…「恋つづ」7話』

2020年2月25日 23:50

佐藤健“天堂”の弱点と嫉妬に「キュン死レベル」など視聴者歓喜…「恋つづ」7話

Photo by cinemacafe.net

「プチコミック」(小学館)連載のコミックをドラマ化、上白石萌音と佐藤健が共演する「恋はつづくよどこまでも」の7話が2月25日放送。“魔王”天堂が遊園地デートで見せた思わぬ“弱点”に視聴者から「かわいい」といった声が続出している。

修学旅行で出会った医師・天堂を想い続け、彼を追って看護師となった佐倉七瀬を上白石さんが演じ、七瀬に押され付き合うことになる超ドSドクター・天堂浬に佐藤さん。

七瀬に告白した循環器内科の医師・来生晃一に毎熊克哉。来生に想いを寄せる看護師の酒井結華に吉川愛。天堂の姉・流子に香里奈。循環器内科の医師部長・小石川六郎に山本耕史。天堂の亡くなった恋人に瓜二つの妹・若林みおりに蓮佛美沙子。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
みおりが天堂に告白するのを見てしまった七瀬は、自分が天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになり、不安な胸中を天堂や流子に打ち明ける。

そんな七瀬の気持ちをくみ取った流子は、天堂との遊園地デートを提案。七瀬は初めての遊園地デートに心浮かれるが、追い打ちをかけるようにみおりから宣戦布告をされる…というのが今回のストーリー。

遊園地デートを楽しむ2人だが、そこで天堂の意外な“弱点”が判明する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.