くらし情報『佐藤健、阿部寛に追われる“容疑者”に!「護られなかった者たちへ」映画化』

2020年3月28日 06:00

佐藤健、阿部寛に追われる“容疑者”に!「護られなかった者たちへ」映画化

Photo by cinemacafe.net

佐藤健が「恋はつづくよどこまでも」の熱気も冷めやらぬ中、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の瀬々敬久監督と再タッグを組み、中山七里の傑作ミステリー小説「護られなかった者たちへ」映画化に主演。共演に阿部寛、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都を迎える。

原作は、今年、作家生活10周年を迎える中山七里の傑作小説。東日本大震災から9年後、宮城県内の都市部で、全身を縛られたまま放置され餓死させられるという凄惨な連続殺人事件が発生。捜査線上に浮かび上がった容疑者は利根という男(佐藤健)。彼は、知人を助けるために放火、傷害事件を起こした後、刑期を終えて出所したばかりだった。

宮城県警の刑事・笘篠(阿部寛)は殺された2人の被害者から一つの共通項を見つけ出し、利根を追い詰める。一体、彼はどのように生きてきたのか?被害者はなぜ、むごい殺され方をされたのか?そこには、切なくも衝撃の真実が隠されていた――。

主演は、シリアスからアクションまで多種多様な役を演じ、常に挑戦を続ける俳優、佐藤健。本作では出所直後に連続殺人事件が発生、その容疑者となる利根泰久役を演じる。

対する利根を追う刑事、笘篠誠一郎には、『新参者』シリーズ、『テルマエ・ロマエ』シリーズなど大ヒット映画を連発する阿部寛。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.