くらし情報『林遣都、“三つ子”が「別人に見えていたらいいな」ソーシャルディスタンスドラマを語る』

2020年6月6日 08:00

林遣都、“三つ子”が「別人に見えていたらいいな」ソーシャルディスタンスドラマを語る

Photo by cinemacafe.net

林遣都が、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の水橋文美江・脚本、「フジテレビ開局60周年特別企画 教場」の中江功・演出のもとを一人三役で“三つ子”を演じるソーシャルディスタンスドラマ「世界は3で出来ている」について語った。

主演にして唯一の出演者、一卵性三つ子役を一人三役で演じるという前代未聞のソーシャルディスタンスドラマに挑む林さん。

「脚本の水橋さんと演出の中江さん、このお二人との出会いは自分の中での大きな出来事でした。もっと水橋さんの描く人間を演じたいと思いましたし、中江組をもっと経験したい、またいつか参加したいという気持ちがあったので、まさかそのお二人で、しかも出演者が自分だけという形で、声をかけていただけたというのは、とてもうれしかったです」と真摯に心境を語った。

ソーシャルディスタンスをとりながらの久々の撮影に、「普通に演じられる喜びを(今回のお話で)改めて感じました」と語り、「改めて、役者って一人じゃ何もできないんだなと思いましたし、実際にこうして撮影に入ってみても、皆さん(スタッフ・キャスト)が集まってはじめて、ひとつの映像作品が生まれるんだということを感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.