くらし情報『濱田岳&青木崇高&宮藤官九郎、主人公の“心の声”を演じる『おらおらでひとりいぐも』』

2020年6月22日 19:30

濱田岳&青木崇高&宮藤官九郎、主人公の“心の声”を演じる『おらおらでひとりいぐも』

Photo by cinemacafe.net

田中裕子と蒼井優が、主人公・桃子さんを二人一役で演じる映画『おらおらでひとりいぐも』。この度、本作の追加キャストとポスタービジュアルが到着した。

芥川賞&文藝賞をW受賞した若竹千佐子のベストセラー小説を、『南極料理人』『キツツキと雨』『横道世之介』『滝を見にいく』『モリのいる場所』などを手掛け、ユーモア溢れる演出で様々な愛おしいおじさん、おばさん、おじいさん、おばあさんを描いてきた沖田修一監督が映画化した本作。

主人公の桃子さんは、75歳でひとり暮らし。夫に先立たれた後、ひとり家でお茶をすすり、図書館で借りた古代生物や地球の歴史についての本を読む――そんな生活を送る中で、突如、桃子さんの“心の声=寂しさたち”が、ジャズセッションに乗せて故郷の言葉で内から外に湧き上がってくる。

そんな心の内から外に沸き上がってきた桃子さんの“心の声”を演じるのは、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎。それぞれ寂しさ1、2、3という役名で、桃子さんの分身としてユーモラスでコミカルな演技を披露。

濱田さんは「映画作りへの愛が常に溢れ出ている沖田監督のもと、尊敬する田中裕子さんのお芝居を間近で見れ、そして台詞のやり取りをすることができ、宮藤さん青木さんと心強いお二人のお力で、本当に幸せな時間を過ごす事が出来ました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.