くらし情報『伊藤英明主演「しんがり」「石つぶて」に次ぐノンフィクション著書がドラマ化「トッカイ」』

2020年8月3日 05:00

伊藤英明主演「しんがり」「石つぶて」に次ぐノンフィクション著書がドラマ化「トッカイ」

Photo by cinemacafe.net

清武英利による著書「トッカイ バブルの怪人を追いつめた男たち」(講談社刊)が、連続ドラマWにて「トッカイ ~不良債権特別回収部~」としてドラマ化が決定。主演は伊藤英明が務める。

「トッカイ」ストーリー

1996年、あおば銀行の四ツ橋支店融資部の柴崎朗は、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的とした国策会社「住宅金融債権管理機構(住管機構)」への出向を命じられる。そこには、柴崎と同様に銀行からの出向組のほか、経営破綻した住専の元社員たちが集められていた。

「不良債権を1円残らず回収する」その至上命題とともに彼らに背負わされた不良債権回収額は、6兆7800億円。バブル経済が崩壊し、経営破綻した住専の不良債権処理のため、政府は6850億円もの税金を投入し、国民の怒りを買った。その失政のツケを負わされるかのごとく集められたのがこのトッカイの面々。

回収の最前線に集められた彼らは、バブル経済に踊った怪商、不動産王、暴力団ら悪質債務者と対峙し、国民の税金を守るために命を懸けた熱き闘いを繰り広げることとなる――。

「しんがり」「石つぶて」に次ぐ第3弾!

本作は、同枠で放送した「しんがり~山一證券最後の聖戦~」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.