くらし情報『R・ダウニー・Jr.「トラウマを抱えた人間を描きたかった」最新製作ドラマにコメント到着』

2020年8月8日 14:00

R・ダウニー・Jr.「トラウマを抱えた人間を描きたかった」最新製作ドラマにコメント到着

Photo by cinemacafe.net

ロバート・ダウニー・Jr.と妻スーザン・ダウニーの“チーム・ダウニー”が「HBO」と組み、往年の人気TVドラマ「弁護士ペリー・メイスン」を一新して現代に描く新クライム・ノワールドラマ「ペリー・メイスン」が9月18日(金)より日本独占初配信。最新予告編映像と製作総指揮ダウニー・Jr.からのコメントが到着した。

本作は、“チーム・ダウニー”が10年ほど温めていたプロジェクトをHBOとタッグを組んでドラマ化。当初は映画化の噂があったものの、『L.A.コンフィデンシャル』でも描かれたように、検察や警察など市当局が腐敗していた1930年初頭のロサンゼルスを舞台に、より様々な要素を深く描けるようにと敢えてTVシリーズ化を決断。

「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」や「ボードウォーク・エンパイア欲望の街」、「 ゲーム・オブ・スローンズ』など、HBOを代表する大ヒット作を手掛けてきたクリエイターが集結、当時のロサンゼルスの街並みをリアルに再現した見応え溢れる映像が完成した。


「ジ・アメリカンズ」マシュー・リス、「オーファン・ブラック」タチアナ・マズラニーら豪華キャスト

ダウニー・Jr.らが主役に指名したのは「ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.