くらし情報『『ゴーストワールド』のシニカル少女イーニド、サンフランシスコで就職!?』

2020年8月22日 12:00

『ゴーストワールド』のシニカル少女イーニド、サンフランシスコで就職!?

Photo by cinemacafe.net

『ムーンライト』の「A24」と「プランB」の再タッグ作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』に、約20年前に公開され、カルト的人気となった青春映画『ゴーストワールド』のソーラ・バーチが出演していることが分かった。

『ゴーストワールド』といえば、アメリカのティーンエイジャーのバイブルと言われた人気コミックを映画化、高校を卒業したものの進路を決めずに好きに生きる、シニカルなイーニドと幼なじみで親友のレベッカ(スカーレット・ヨハンソン)との友情と成長を描いた作品。

2001年に公開され、アカデミー賞脚色賞にもノミネート。20年近くたったいまも多くの映画ファンに愛されているが、本作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』のメガホンを執ったジョー・タルボットもそのひとり。

『ゴーストワールド』への愛と、いかに作品に影響を受けたかを説いて憧れのイーニド役ソーラ・バーチに出演を熱烈オファー。“15年後のイーニドがサンフランシスコにあるIT企業の技術職に就職したら…”というイメージで彼女の役を作り上げていったという。

今回解禁された場面写真は、そのソーラ・バーチ演じる女性がパンキッシュな真っ赤な髪色に黒の革ジャンを着こなし、バスの中でサンフランシスコの街の不満を漏らすシーンで、その姿はまさに大人になったイーニドのよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.