くらし情報『吉沢悠登場、観月ありさ“女将”と浅からぬ仲?「私たちはどうかしている」』

2020年9月6日 11:00

吉沢悠登場、観月ありさ“女将”と浅からぬ仲?「私たちはどうかしている」

Photo by cinemacafe.net

現在放送中の浜辺美波&横浜流星W主演、老舗和菓子屋を舞台にしたラブミステリードラマ「私たちはどうかしている」。この度、9月9日(水)放送の第5話から新キャストとして、吉沢悠が登場することが分かった。

過去に椿(横浜さん)の証言で若旦那を殺した罪を着せられてしまった七桜(浜辺さん)の母。15年の時を経て、七桜と椿は運命の再会を果たすが、七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む。

そこで、女将(観月ありさ)をはじめ、職人・城島(高杉真宙)、大旦那(佐野史郎)、七桜の正体を知る男・多喜川(山崎育三郎)、七桜の母親を演じる夕子(須藤理彩)など、敵なのか味方なのか判然としない人物ばかりが登場する。

そんな中、第5話で新たに怪しいキャラクターが登場。それは、吉沢さんが演じる地元の有力者である市議会議員・溝口真之介。夕子が営む小料理屋を突然訪れた今日子と、たまたま客として現れた溝口との会話からは、2人の浅からぬ仲が伺え――。

今回出演が決定した吉沢さんは「15年前の、世間に知られてはいけない『光月庵の秘密』を知る市議会議員の溝口真之介として、ストーリーのラストまで掻き乱して行きますよ!!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.