くらし情報『岡田将生、滝藤賢一のアドリブ指摘『さんかく窓の外側は夜』本編を語らう特別映像』

2020年9月30日 18:20

岡田将生、滝藤賢一のアドリブ指摘『さんかく窓の外側は夜』本編を語らう特別映像

Photo by cinemacafe.net

岡田将生、志尊淳W主演による映画『さんかく窓の外側は夜』から、岡田さんと志尊さん、さらに平手友梨奈、滝藤賢一の4人が公開前の映画本編を鑑賞しながら、シーンの感想&撮影時のエピソードを語り合う特別映像が解禁された。

霊が“祓える男”冷川、“視える男”三角をそれぞれ岡田さんと志尊さんが演じ、ストーリーの鍵を握る“呪いを操る”女子高生・ヒウラエリカとして平手さんが出演する本作。

映画本編の撮影終了後に、この4人が集まるのは初めてという中で行われた今回の撮影。森ガキ侑大監督自らが本特別映像のディレクションを務めていることもあり、キャスト陣もリラックスした雰囲気がうかがえる。


映像冒頭、冷川と三角の対面シーンを見て「懐かしいな~」(岡田さん)「ここ出会いだもんね」(志尊さん)と撮影当時を思い出し話す様子や、「これ、台本には無いアドリブされてますもんね?」と岡田さんが滝藤さんのアドリブに触れるなど、裏話的なエピソードも盛り込まれている。

平手さんはヒウラエリカのあるシーンで、滝藤さんから「悪い顔するじゃない(笑)」とコメントされると、「すみません…」と照れながら手で顔を覆う様子も。敵なのか味方なのか、本編での関係性はまだ明かされていない4人だが、いったい映画本編の中の“どのシーン”を見て語っているのか?自然体のトークや和気あいあいと語る表情にも注目だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.