くらし情報『「神様のカルテ」福士蒼汰主演でSPドラマ化「心を込めて臨みたい」』

2020年10月17日 06:00

「神様のカルテ」福士蒼汰主演でSPドラマ化「心を込めて臨みたい」

Photo by cinemacafe.net

「嵐」櫻井翔主演で映画化もされた夏川草介のベストセラー小説「神様のカルテ」が、福士蒼汰主演でドラマ化が決定した。

現役医師・夏川さんのデビュー作ながら、第10回小学館文庫小説賞を受賞し、2010年の本屋大賞2位を獲得しシリーズ累計330万部突破した「神様のカルテ」。“心は、きっと救える”――そう信じて患者を救うことと正面から向き合う1人の若き医師の苦悩と成長が描かれる。

「神様のカルテ」初のドラマ化では、原作小説の「神様のカルテ」「神様のカルテ2」「神様のカルテ3」「新章 神様のカルテ」の計4冊の長編を原作に、2時間×4話の計8時間という大型スペシャルドラマとして放送する。

今回のドラマ化では、テレビ東京のドラマ初出演・初主演となる福士さんが、主人公で一見風変りな心優しき内科医・栗原一止を演じる。

初めての医師役に挑戦する福士さん。「いつか医者という役に向き合ってみたいと思っていました」と語る彼は、「お話をいただいた時とても嬉しかったです。専門的な職業ならではの難しさは計り知れませんが、医療についての知識や心構えなど追求していきたいと思います」と意気込む。

演じるキャラクターについては「今回僕が演じる栗原一止は、夏目漱石を敬愛していて、その影響で古風な言葉遣いをします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.