くらし情報『台湾で社会現象化!大ヒットゲーム「返校」を映画&ドラマ化』

2020年12月5日 17:00

台湾で社会現象化!大ヒットゲーム「返校」を映画&ドラマ化

Photo by cinemacafe.net

2017年に発売された台湾の同名大ヒットホラー・ゲームを映画化したダークミステリー『返校』(原題)の日本公開が2021年7月に決定。また、映画で描かれている時代の30年後を舞台としたドラマ「返校-DETENTION-」が12月5日(土)よりNetflixで全世界独占配信されることになった。

台湾人が忘れてはならない40年にも及ぶ負の歴史を描く

1962年、蒋介石率いる国民党の独裁政権下の台湾では、市民に相互監視と密告が強制されていた。翠華高校に通う女子高生のファン・レイシンが放課後の教室で眠りから目を覚ますと、なぜか学校には誰もいなくなっていた。校内をひとり彷徨うファンは、政府から禁じられた本を読む読書会メンバーで、秘かに彼女を慕う男子学生のウェイ・ジョンティンと出会い、協力して学校からの脱出を試みるが、どうしても外に出ることができない。

消えた同級生や先生を探す2人は、悪夢のような恐怖が迫るなか、学校で起こった政府による暴力的な迫害事件とその原因を作った密告者の哀しい真相に近づいていく――。

本作は、2017年に発売された台湾の同名大ヒットホラー・ゲームの映画化で、政治による弾圧「白色テロ時代」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.