くらし情報『玉森裕太“潤之介”との別離に悲しみ広がる、間宮祥太朗“中沢”に「最後でやってくれる」の声も…「オー!マイ・ボス!」9話』

2021年3月10日 08:30

玉森裕太“潤之介”との別離に悲しみ広がる、間宮祥太朗“中沢”に「最後でやってくれる」の声も…「オー!マイ・ボス!」9話

Photo by cinemacafe.net

上白石萌音主演「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の9話が3月9日オンエア。潤之介のプロポーズを受けた奈未だが、奈未には“新たな夢”が…ラストの切ない別れに涙する声と、中沢の登場に歓喜する声がSNSに入り乱れた他、“白黒ジュン”も話題になっている。

上京し大手出版社・音羽堂出版に就職、新たに創刊されるファッション誌「MIYAVI」編集部に配属された鈴木奈未を上白石さんが演じる本作。

超ドS鬼編集長だったが音羽堂出版の合併とともにMIYAVI」編集長を辞めた宝来麗子に菜々緒。奈未がプロポーズされた麗子の弟・潤之介に玉森裕太。奈未に惹かれ告白、潤之介の恋のライバルとなる「MIYAVI」編集部員の中沢涼太に間宮祥太朗。音羽堂出版副社長の宇賀神慎一にユースケ・サンタマリア。潤之介の元カノの蓮見理緒に倉科カナといった顔ぶれが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
潤之介から突然プロポーズされた奈未はとっさに「喜んで」と返事、プロポーズを受けてしまうが、潤之介はカメラマンを辞めて金沢へ帰り実家を継ぐという。編集の仕事にやりがいを感じるようになってきたタイミングで、仕事を辞めて潤之介と金沢に行くことに迷いの想いを捨てきれない奈未。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.