くらし情報『セルゲイ・ポルーニン出演、女性作家の愛と性の実体験描く『シンプルな情熱』7月公開』

2021年4月1日 12:30

セルゲイ・ポルーニン出演、女性作家の愛と性の実体験描く『シンプルな情熱』7月公開

Photo by cinemacafe.net

『オリエント急行殺人事件』『ホワイト・クロウ伝説のダンサー』などで俳優としても活躍する異端のダンサー、セルゲイ・ポルーニンが出演したベストセラー恋愛小説の映画化『シンプルな情熱』(原題:Passion simple)が、7月2日(金)より公開されることが決まった。

原作はマルグリット・デュラス賞など、フランスで最も権威ある数々の文学賞に輝き、近年では自身の名前を冠した賞も設立されたフランス現代文学を代表する作家アニー・エルノーが、1991年に発表した作品。

ある男性との愛と性に全存在をかけるエルノー自身の実体験が赤裸々に綴られ、日本でも小池真理子、林真理子、山田詠美ら人気作家が熱く支持。自分らしい恋愛を探し求める人々を中心に大反響を巻き起こした。発表当時は不世出の問題作とされたが、現在では普遍的な傑作として女性たちの生き方に衝撃と影響を与え続けている。

パリの大学で文学を教える教師のエレーヌは、年下で既婚者のロシア外交官アレクサンドルとパーティで知り合い恋に落ちる。昼下がりに、自宅やホテルで逢瀬を重ね、彼との抱擁にのめり込んでいくエレーヌだったが…というストーリー。

アレクサンドルを演じるのは、セルゲイ・ポルーニン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.