くらし情報『全米映画俳優組合賞(SAGアワード)、最高賞に当たるキャスト賞は『シカゴ7裁判』』

2021年4月5日 11:51

全米映画俳優組合賞(SAGアワード)、最高賞に当たるキャスト賞は『シカゴ7裁判』

Photo by cinemacafe.net

第27回全米映画俳優組合賞授賞式(以下、SAGアワード)が、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われた。例年、1月の最終日曜日に開催されるが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて延期に。式の時間も2時間から1時間に短縮された。

アカデミー賞を占うのに“最重要”の賞として位置づけられているSAGアワードで、作品賞かつ最高賞に当たるキャスト賞を受賞したのはアーロン・ソーキン監督作『シカゴ7裁判』だった。ほかにはスパイク・リー監督作『ザ・ファイブ・ブラッズ』、ジョージ・C・ウルフ監督作『マ・レイニーのブラックボトム』、リー・アイザック・チョン監督作『ミナリ』、レジーナ・キングの監督デビュー作『あの夜、マイアミで』がノミネートされていた。

受賞結果は以下の通り。

【映画部門】

キャスト賞
『シカゴ7裁判』

主演男優賞
チャドウィック・ボーズマン『マ・レイニーのブラックボトム』

主演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス『マ・レイニーのブラックボトム』

助演男優賞
ダニエル・カルーヤ『Judas and the Black Messiah』

助演女優賞
ユン・ヨジョン『ミナリ』

スタント・アンサンブル賞
『ワンダーウーマン 1984』

【テレビ部門】

男優賞(テレビ映画・リミテッドシリーズ部門)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.