くらし情報『ひとり歩くキム・ミニの姿が印象的『逃げた女』新ビジュアル完成』

2021年5月20日 10:00

ひとり歩くキム・ミニの姿が印象的『逃げた女』新ビジュアル完成

Photo by cinemacafe.net

韓国の名匠ホン・サンス監督が公私にわたるパートナーのキム・ミニを迎えたタッグ7作目『逃げた女』。この度、キム・ミニ演じる主人公の歩く後ろ姿が印象的な新ビジュアルが解禁。また、吉岡里帆や満島真之介、行定勲監督らからコメントが到着した。

絶賛開催中のホン・サンス監督特集上映「HONG SANGSOO RETROSPECTIVE 12色のホン・サンス」(~6月10日)に加えて、6月12日からは特集上映「作家主義ホン・サンス」も開催され、注目が高まる本作。

吉岡さんからは「女性ならではの強さに共感し、同時に隠そうとしていた弱さにも対峙せざるを得ない時間」、大島葉子(女優)から「ズームの様に女の心の内を自然体で語らせる」、北村紗衣(フェミニズム批評)からは「一見、何の変哲もない会話を撮っているだけに見えますが、実は女性が人生で直面する様々な問題にさりげなくも鋭く切り込んでいます」など、女性心理をスリリングにあぶりだした本作への共感のコメントが到着。

また、『あのこは貴族』の岨手由貴子監督からは「高揚しっぱなしでした」、行定勲監督からは「それぞれの事情、それぞれの恋情を語る女たちに魅了されっぱなしだった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.