くらし情報『ラッセル・クロウ パパになり初来日「父になったことは人生で最も素晴らしい」』

2010年11月24日 21:10

ラッセル・クロウ パパになり初来日「父になったことは人生で最も素晴らしい」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

ラッセル・クロウが11月24日(水)、東京・港区のザ・リッツ・カールトン東京で行われた最新主演映画『ロビン・フッド』(リドリー・スコット監督)の来日会見に、共演者でプライベートでも仲の良いカナダ人俳優ケヴィン・デュランドと共に出席した。

ラッセルにとって8年ぶり2度目の来日で、2003年にオーストラリア人のダニエラ・スペンサーと結婚して2児の父となってからは初めて。「結婚し、2人の子供の父親になったことは、人生で最も素晴らしい出来事だ。妻とは元々1989年に出会い、友達だったけど2003年に結婚した。ハネムーンで最初の子チャーリーができていま6歳、もうすぐ7歳になる。次男のテニソンは4歳だよ」とパパの顔を全開にした。

質疑応答の後、花束プレゼンターとして神田うのが来場。伝説の義賊ロビン・フッドの闘いを描いた本作をいち早く観ており「すごい世界観ですね!」と絶賛すると、ラッセルは「作品のことをそう言ってくれると嬉しいよ」とニッコリ。今回の来日でやりたいことは?と聞かれると、「過去の来日では夜のフライトだったので東京については夜のレストランしか知らなかったけど、今回は昨日来日して、オフにしたんだ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.