くらし情報『吉本坂46センター小寺&池田、アイドルとして成長実感「本当に坂を上っている感じ」』

2020年1月14日 11:15

吉本坂46センター小寺&池田、アイドルとして成長実感「本当に坂を上っている感じ」

吉本坂46センター小寺&池田、アイドルとして成長実感「本当に坂を上っている感じ」

アイドルグループ・吉本坂46が、3rdシングル「不能ではいられない」を12月25日にリリース。前作のシングルでユニット別の売り上げ対決を行い、選抜を抜いて売上1位となったユニット・REDが、3rdシングルにして初の表題曲を担当することに。そして2ndシングルに続いて、小寺真理と池田直人がREDのWセンターを務める。1stシングルの個別CD売上で小寺1位、池田2位となった吉本坂46の人気ツートップは、表題曲の重みを感じながらもかつてないほど「楽しくできた」と笑う。3rdシングルにして個々の成長も感じさせる2人に話を聞いた。

――REDが表題曲に決定した時の心境はいかがでしたか?

池田:REDの目標が表題曲だったので、16人全員でハッピーな気持ちになりました!

小寺:発表の時にリーダーのまちゃあきさんがパネルを持っていて、まちゃあきさんはしっかり者ですがちょっと抜けてるところもあって、発表の前に私に見えていたんです(笑)。だから最初に私が喜びました! でも、REDは若手が多く、CIRCUS(前選抜)のみなさんの知名度には全然及ばないので、今後REDがパフォーマンスにせよ、どう惹きつけていくかが重要な課題なのかなと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.