くらし情報『ソロシネマ宅配便 第11回 「巻き込まれ俳優」藤原竜也が“リバイバル” - 『僕だけがいない街』』

2020年7月18日 12:00

ソロシネマ宅配便 第11回 「巻き込まれ俳優」藤原竜也が“リバイバル” - 『僕だけがいない街』

ソロシネマ宅配便 第11回 「巻き込まれ俳優」藤原竜也が“リバイバル” - 『僕だけがいない街』

コンビニのレジ袋が有料になった。

レジには透明ビニールシートがかけられ、店員と客それぞれが当然のようにマスクを着用している。これが2020年夏の日本の風景だ。誰がこんな未来の風景を想像しただろうか。コロナ前後の世界観は、映画やドラマの物語を創作する際、携帯電話の登場前後くらいの価値観の変容があるだろう。ふと気を抜くと、どこか違和感のあるもうひとつの世界に放り込まれたような感覚に襲われてしまう。

まるで映画『僕だけがいない街』(2016年)である。「コレ読んで漫画 RANKING」1位獲得の人気漫画『僕だけがいない街』(三部けい/KADOKAWA)を平川雄一朗監督、春名慶プロデューサーらが映画化。アニメ化やNetflixの連続ドラマにもなっているが、それらとは違う映画版の結末も話題となった。
○■“キング・オブ・巻き込まれ俳優”藤原竜也

物語は時間が巻き戻る“リバイバル”に巻き込まれた29歳の藤沼悟が、現在の「2006年」と過去の「1988年」のふたつの世界を行き来することで展開する。自身が無実の罪を着せられ、犯人に間違えられた指名手配中の2006年母親殺害事件と、18年前の少年時代に遭遇した連続誘拐殺人事件の真犯人に迫るのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.