くらし情報『浜辺美波、学生の青春映像に涙…「素敵」「もっと楽しんでおけばよかった」』

2020年8月14日 13:18

浜辺美波、学生の青春映像に涙…「素敵」「もっと楽しんでおけばよかった」

浜辺美波、学生の青春映像に涙…「素敵」「もっと楽しんでおけばよかった」

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』(8月14日公開)公開初日舞台挨拶が14日に都内で行われ、浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二、三木孝浩監督が登場した。

同作は『ストロボ・エッジ』『アオハライド』で知られる咲坂伊緒の最新作で、第63回小学館漫画賞少女向けマンガ部門を受賞し450万部を突破している。偶然出会ったタイプの全く違う朱里(浜辺美波)と由奈(福本莉子)、朱里の義理の弟の理央(北村匠海)と由奈の幼馴染の和臣(赤楚衛二)が、同じ高校に通いながら、すれ違う恋模様を繰り広げる。

「夏の思い出写真」コーナーでは、キャストそれぞれが学生の頃の思い出の写真をスクリーンに映し出す。"夢の国"で友人らと撮った写真を出した浜辺は、周囲から「冬服」とつっこまれつつ、中学の修学旅行での写真であることを説明。「実はこのとき、カツラなんです。役で金髪にしてたので、カツラを装着して、リアルにジェットコースターではカツラをおさえました。カツラでの修学旅行、楽しかったなと思いました」と振り返った。

さらに、「みんなの115万枚のフィルムキャンペーン」として、主題歌であるOfficial髭男dismの同曲にのせて、同作が募集した全国の様々な学生の思い出写真映像を上映。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.