くらし情報『森七菜、リアル"天気の子"だった!? 杉咲花が「嘘じゃないです」保証』

2020年8月28日 20:30

森七菜、リアル"天気の子"だった!? 杉咲花が「嘘じゃないです」保証

森七菜、リアル"天気の子"だった!? 杉咲花が「嘘じゃないです」保証

映画『青くて痛くて脆い』(8月28日公開)の初日舞台挨拶が28日に都内で行われ、吉沢亮、杉咲花、岡山天音、松本穂香、森七菜、狩山俊輔監督が登場した。

作はデビュー作『君の膵臓をたべたい』が大ヒットした小説家・住野よるの同名小説の実写化作。人付き合いが苦手な大学生・田端楓(吉沢)と、空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃(杉咲)は、「世界を変える」という大それた目標を掲げる秘密結社サークル「モアイ」を作るが、秋好は“この世界”からいなくなってしまう。社会人とのコネ作りや企業への媚売りを目的とした意識高い系就活サークルに成り下がったモアイで、楓は秋好が叶えたかった夢を取り戻すために親友や後輩と手を組み「モアイ奪還計画」を企む。

作品の内容にからめた「人生最大の嘘」というトークテーマでは、森が「私はこれが嘘なのかどうなのか判定していただきたい」と言いながら、「去年撮影中に(声優を務めた)『天気の子』という映画が公開されていまして、自分でも本気で晴れ女だと思ってるんです。でも、周りの人から『晴れ女って、嘘ついてるんじゃない?』と言われて。晴れ女として働いて、この現場も晴れにしたつもりでいた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.