くらし情報『永作博美、監督からの手紙に感涙「距離感のある具合のいい愛を見つけて」』

2015年3月1日 11:00

永作博美、監督からの手紙に感涙「距離感のある具合のいい愛を見つけて」

永作博美、監督からの手紙に感涙「距離感のある具合のいい愛を見つけて」
映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』の初日舞台あいさつが28日、東京・丸の内TOEIで行われ、キャストの永作博美佐々木希臼田あさ美、子役の桜田ひより、保田盛凱清が出席した。

本作は、焙煎珈琲店を舞台に、2人の女性の友情と絆を描くヒューマンドラマ。故郷である石川県奥能登でヨダカ珈琲を営む岬(永作)は、2人の子どもを育てるシングルマザーの絵里子(佐々木)と出会う。生き方も価値観も異なる2人は、時にぶつかり合いながらも、本当の自分や大切なものに気付いていく――というストーリーで、17の国及び地域での公開が決定している。

主演の永作は、「静かで前に出ない感じのこの作品がすごく気に入ってる。コーヒーの香りのようにこの映画が伝わっていければ」と胸を張ってアピールし、海外公開決定を受け、「日本の美しい景色、普遍的な人と人との関係が描かれてるので、海外のみなさんにも見て欲しい」と喜びを。また、台湾出身のチアン・ショウチョン監督から手紙が届き、「ちょっとグッと来ましたね……」と涙を流した永作は、「自分の道に迷っている人は、諦めずに進んで欲しい。偶然や必然の出会いを大事にして、距離感のある具合の良い愛を見つけて」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.