くらし情報『堀田茜、『CanCam』モデル卒業…挫折の涙と“ド根性物語”』

2020年10月17日 09:00

堀田茜、『CanCam』モデル卒業…挫折の涙と“ド根性物語”

堀田茜、『CanCam』モデル卒業…挫折の涙と“ド根性物語”

堀田茜が、23日発売の女性ファッション誌『CanCam』12月号(小学館)をもって同誌の専属モデルを卒業する。

2014年1月号で初登場した堀田は、同年5月号で専属モデルになると同時に表紙を務め、華々しくデビュー。その後も6年半で11回の表紙を飾った。

モデル本人の私服を紹介する企画では、読者アンケートの「好きなコーディネート」1位を獲得するなどセンスにも定評があり、名実ともに“CanCam看板モデル”として活躍。

ラストインタビューでは、『CanCam』と同時に始めた、バラエティ番組での活動についても語られた。「カメラマンさんから『大して顔もかわいくないんだから頑張らないとダメだよ』と言われて心がポキっと折れました(笑)」「爪痕を残すことに必死で、変に芸人さんに噛み付いたことも」と当時の苦労に目を潤ませ懐古。

その“ド根性物語”を感じられるのが、卒業号での、湖に入る撮影時のエピソード。少し心配するスタッフに「バラエティ番組の過酷ロケに比べたら全然平気」と明るい笑顔を見せていた堀田。その努力あって神秘的なカットに仕上がっている。

そのほか、ラグジュアリーブランドに身を包んだファッション撮影や、1980年代からの歴代『CanCam』ファッションを着こなす企画、仲良しの歌手・chay、スタイリスト・丸林広奈氏との対談など、14ページにわたって特集。美しく、明るく、たくましい堀田の魅力が詰め込まれ、卒業号に相応しい1冊が完成した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.