くらし情報『のん&橋本愛、7年ぶり共演で親友役! 「心が通じる感覚」「とてつもなく照れ」』

2020年10月20日 07:00

のん&橋本愛、7年ぶり共演で親友役! 「心が通じる感覚」「とてつもなく照れ」

のん&橋本愛、7年ぶり共演で親友役! 「心が通じる感覚」「とてつもなく照れ」

女優の橋本愛が、のん主演の映画『私をくいとめて』(12月18日公開)に出演することが20日、明らかになった。

同作は作家・綿矢りさによる同名小説の実写化作で、ロングランを記録した『勝手にふるえてろ』の大九明子監督が監督・脚本を務める。30歳を越え、おひとりさまもすっかり板についてきた黒田みつ子(のん)は、脳内の相談役「A」と一緒に平和なおひとりさまライフを過ごしていたが、ある日年下の営業マン・多田くん(林)に恋をしてしまう。きっと多田くんと自分は両思いだと信じて、ひとりの生活に慣れきってしまったみつ子は20代の頃のように勇敢になれない自分に戸惑いながらも、一歩前へふみだすことにする。

今回、追加キャストとして橋本の出演が決定し、のん演じるみつ子の親友役に大抜擢。のんとの共演は、2013年に放送されたNHK連続テレビ小説以来7年ぶりとなり、イタリアに嫁いだみつ子の親友・皐月を演じる。映画オリジナルの設定として、妊婦という設定も付与された。

さらに、久々の恋心を手にあます31歳おひとりさま・みつ子(のん)が、感情をぶちまける本予告映像&ポスタービジュアルが公開された。劇中曲には、5.1chにミックスされた名曲「君は天然色」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.