くらし情報『本田圭佑も香川真司も横一線で扱う、ハリルホジッチ新監督の日本代表改革』

2015年3月21日 08:00

本田圭佑も香川真司も横一線で扱う、ハリルホジッチ新監督の日本代表改革

本田圭佑も香川真司も横一線で扱う、ハリルホジッチ新監督の日本代表改革
ヴァイッド・ハリルホジッチ新監督に率いられる新生日本代表がいよいよ始動する。62歳という年齢を感じさせない馬力と一切の妥協を許さない信念を刻みながら、ハビエル・アギーレ前監督の解任から時計が止まっていた日本サッカー界を力強く前進させる。

○日本サッカー協会内で始まる緊急工事の目的

新生日本代表が大分市内でスタートを切る3月23日から、東京・文京区にあるJFAハウス内でも緊急工事が行われる。空き部屋のひとつを改修してデスクと映像機器を設置し、簡単な応接間も設ける。

日本サッカー協会(JFA)の霜田正浩技術委員長が、苦笑しながら目的を明かす。

「監督専用の部屋を作ります。毎日ここで仕事をしたいと言う代表監督は初めてなので」。

これまでにもスタッフがミーティングを行うための大部屋はあったが、ハリルホジッチ監督は就任直後からJFA内に常駐したいと希望していた。歴代の日本代表監督がJFAハウスを訪れた頻度は、多くて週に1回。これだけを見ても、62歳の新指揮官の熱血ぶりが伝わってくる。

自宅のあるフランスから13日に来日して正式にサインを交わし、翌14日にはJ1のFC東京横浜F・マリノスを視察。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.