くらし情報『Snow Man、大量の桜の中で舞う…振付の五関晃一「滝沢歌舞伎は日本そのもの」』

2020年11月17日 10:00

Snow Man、大量の桜の中で舞う…振付の五関晃一「滝沢歌舞伎は日本そのもの」

Snow Man、大量の桜の中で舞う…振付の五関晃一「滝沢歌舞伎は日本そのもの」

アイドルグループ・Snow Man(岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、佐久間大介)の初主演映画『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』(12月4日公開)の場面写真、及びA.B.C-Zの五関晃一からのコメントが17日に公開された。

同作は2006年よりジャニー喜多川が企画・構成・総合演出を務め、滝沢秀明が主演した和によるスーパーエンタテインメント『滝沢歌舞伎』シリーズの初映画化作。2018年に滝沢が引退を表明した後、Snow Man主演で『滝沢歌舞伎 ZERO』として生まれ変わり、本年も『滝沢歌舞伎 ZERO 2020』として上演を予定していたが、新型コロナウィルスの影響により舞台と映画を融合させた新時代 舞台映画として公開されることとなった。

今回公開されたのは、五関が振付を担当した「ひらりと桜」の場面写真。五関は2006年、2007年と自身もA.B.C.のメンバーとして「滝沢演舞城」に出演し、2010年にはA.B.C-Zとして「滝沢歌舞伎」に出演した。2019年にSnow Manがメインキャストを務め生まれ変わった『滝沢歌舞伎ZERO』の全体的な振付を担当し、舞台上、そして舞台の外からもSnow Manを見てきた五関は、同グループについて「凄く器用で、何でも出来て、覚えも早い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.