くらし情報『白石麻衣、乃木坂46卒業後初の公の場 「ananAWARD」授賞式で美貌放つ』

2020年11月18日 17:59

白石麻衣、乃木坂46卒業後初の公の場 「ananAWARD」授賞式で美貌放つ

白石麻衣、乃木坂46卒業後初の公の場 「ananAWARD」授賞式で美貌放つ

10月28日にアイドルグループ・乃木坂46を卒業した白石麻衣が、女性グラビア週刊誌『anan』が選ぶ“時代を象徴するスター”を表彰する「ananAWARD」のミューズに選出され18日、都内で行われた授賞式に登壇した。

女性グラビア週刊誌『anan』創刊50周年を記念して設立された今年初開催の「ananAWARD」は、『anan』が“時代の顔”としてムーブメントの先駆けや時代の象徴となった人を表彰するアワード。白石は、『anan』に登場した女性の中で、その年、最も読者の憧れと共感を集め、この先の活躍に期待のかかる人として、「ananAWARD 2020 ミューズ」に選出された。

授賞式では、同誌のマスコットであるアンアンパンダが、金色のパンダトロフィーを乗せたワゴンを押して登場。白石は笑顔でトロフィーを受け取った。

そして、「記念すべき創刊50周年という年に素敵な賞をいただけてうれしく思います」と感謝。グリーンのロングドレスで美貌を放ち、「すごく背筋が伸びますし、素敵なドレスを着て大人になった気持ちです」と心境を語った。

この日は、白石のほか、「ananAWARD 2020 トレンドカルチャー」の神崎恵、バービー、前田裕二、YOASOBIが発表された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.