くらし情報『井上真央、コロナ禍が明けでやりたいことは「ふらっと一人旅」【動画有り】』

2020年12月16日 11:00

井上真央、コロナ禍が明けでやりたいことは「ふらっと一人旅」【動画有り】

井上真央、コロナ禍が明けでやりたいことは「ふらっと一人旅」【動画有り】

2021年1月8日公開の映画『大コメ騒動』の東京プレミアム試写会が15日、都内で行われ、井上真央、室井滋、夏木マリ、鈴木砂羽、左時枝、柴田理恵、本木克英監督が出席した。

102年前に富山で起こった米騒動の史実に基づき、そこで活躍した女性たち="おかか"たちの姿を、『超高速!参勤交代』の本木克英監督が大痛快エンタテインメント作品に仕上げた本作。主人公のいとに井上真央が扮し、室井滋や夏木マリ、鈴木砂羽ら豪華なキャスト陣に加えて室井滋や立川志の輔、左時枝、柴田理恵、西村雅彦など富山県出身のキャストも数多く出演している。

公開を翌月に控えたこの日は、観客を入れての試写会を実施。試写会の前に舞台あいさつが行われ、3人の子どもを育てる女仲仕のいとを演じた井上は「本当に働き者だなと思いましたね。家庭を守るだけでなく、昼は米俵を担ぎ、家に帰って赤ん坊をおぶり、本当に当時の方たちの思いというか、当たり前のように食べられているご飯ですが、その中でこういう思いをしている方がいるんだと身にしみて感じました」と役を通じて当時の女性たちの切なる思いを感じたという。井上が演じるいとの姑・タキ役の夏木は「末っ子が良く泣くんですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.