くらし情報『レトロかわいいミニスカから和服まで! 歴代CAの制服を公開- ブリティッシュ』

2015年6月4日 14:07

レトロかわいいミニスカから和服まで! 歴代CAの制服を公開- ブリティッシュ

レトロかわいいミニスカから和服まで! 歴代CAの制服を公開- ブリティッシュ
ブリティッシュ・エアウェイズは、日本ベースの客室乗務員が同社の前身「BOAC(英国海外航空)」に乗務を始めてから今年で60年を迎えたことを記念して、同社が採用してきたユニフォームの歴史を、貴重な写真と共に公開した。

CAの制服というとスーツスタイルのイメージが強いが、同社の前身の日本ベースが誕生した当時は、日本人キャビンクルーによる和服での接客が行われていた。また、着物はそれぞれ色やデザインが異なり、伝統的な型とデザインである限りは各キャビンクルーが自由に着物を選ぶことができたという。全員がそろいの制服を着るのが通例の近年とはかなり違った様子であったことがわかる。ここからは、時系列順にユニフォームの写真とその歴史を列挙していく。

○BOAC社キャビンクルーユニフォーム(1946年)

英国人デザイナー モーリス・ハーマンによりデザインされた。第二次世界大戦後の厳しい時代背景を反映し、エレガントでウェストをしぼった、紺色のウーステッド地のユニフォームを採用している。

○新時代に合わせたユニフォーム(1967~1970年)

1967年から1970年までの英国欧州航空社(BEA)は、新ジェット機時代にふさわしいファッションを取り入れるべく制服を一新。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.