くらし情報『永野芽郁、特攻服で“謝罪会見”も笑い堪えきれず…小池栄子「コントじゃないか」』

2021年4月21日 13:31

永野芽郁、特攻服で“謝罪会見”も笑い堪えきれず…小池栄子「コントじゃないか」

永野芽郁、特攻服で“謝罪会見”も笑い堪えきれず…小池栄子「コントじゃないか」

映画『地獄の花園』(5月21日公開)の完成報告謝罪イベントが21日に都内で行われ、永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、遠藤憲一、小池栄子が登場した。

同作はバカリズムの脚本×多くのアーティストのMVを手掛ける関和亮監督によるオリジナル作。普通のOL生活を送る直子(永野芽郁)の職場では、裏で社内の派閥争いをかけOL達は日々喧嘩に明け暮れている。ある日、1人のカリスマヤンキーOLが中途採用されたことをきっかけに、全国のOL達から直子の会社は狙われることに。テッペンをかけた争いから直子は平穏無事なOLライフを全うすることができるのか。

冒頭では永野が「映画とはいえ、暴言を吐き続け、OLのイメージを大きく変えてしまったことを、キャストスタッフを代表してお詫び致します。申し訳ありませんでした」と謝罪し、全員で頭を下げる。その後も「ケンカばかりしていて本当に申し訳ありませんでした」(広瀬)等と1人ずつ謝っていったが、キャスト陣は笑いが堪えられないようでニヤニヤしてしまう。

小池は「まさかこういった形で初めての謝罪会見すると思っていなかったのでちょっとドキドキしておりますが、地上最強のOLということで迫力を出したいなと眉毛をなくしてしまったこと、そして今、こちらから見ているみなさまの風景ですが、心の中で『コントじゃないか』と……」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.