くらし情報『齋藤飛鳥、東京03角田のイメージ変化「顔も渋みが出て、大役者ですね(笑)」』

2021年6月1日 00:00

齋藤飛鳥、東京03角田のイメージ変化「顔も渋みが出て、大役者ですね(笑)」

齋藤飛鳥、東京03角田のイメージ変化「顔も渋みが出て、大役者ですね(笑)」

アイドルグループ・乃木坂46のメンバーとお笑いトリオ・東京03が共演する、サンヨー食品制作のコメディムービー「乃木坂毎月劇場」第2弾「しゃべる奴らは、ハラが減る。」の第1話が1日(0:00〜)、ブランドサイトと公式YouTubeチャンネルにて公開された。

「乃木坂毎月劇場」は、乃木坂46と東京03がシェアハウスを舞台にコメディを繰り広げる人気シリーズ。その第2弾「しゃべる奴らは、ハラが減る。」は、乃木坂46と東京03、人気構成作家のオークラ氏が再びタッグを組み、“究極のリアル系演技”はそのままに、コメディ要素がバージョンアップしている。

第1話では、乃木坂46の齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月、遠藤さくらと東京03の飯塚悟志、角田晃広が広告会社の社員として登場。東京03の豊本明長は広告会社のクライアントを演じる。
○■出演者インタビュー

――撮影を終えてみていかがですか?

山下:東京03さんがいつものコントをしていらっしゃるような空気感でやってくださったので、とても楽しかったです。途中から角田さんの声がガラガラで大丈夫かなと心配でした(笑)。

梅澤:初回から角田さんに強めに当たるシーンがあったのですが、快く受け入れてくださり嬉しかっ たですし、面白くしてくださったので演じていて楽しかったです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.