くらし情報『円安だとなぜ「金価格」が注目される?』

2015年7月29日 16:05

円安だとなぜ「金価格」が注目される?

円安だとなぜ「金価格」が注目される?
日経平均株価が27年ぶりの連騰で株式市場は大賑わい。あわせて為替相場も、1ドル125円台と円安基調が続いていましたが、このところ調整局面に。それでも円安傾向に変わりはありません。円安基調だと注目なのが実は「金」です。金価格と円安、どんな関係があるのでしょうか?

○世界市場の金価格と日本の金価格には差異がある

まずは、グラフをご覧ください。過去5年の金価格の推移です。世界市場はドル/トロイオンスで取引されており、2010年初めは1トロイオンスあたり1119ドルだったのが、2011年に1776ドルを付けて以降、下落。いったんは持ち直したものの、再び下落。2015年5月平均で1200ドルを割り込みました。

一方、日本での金価格の推移をみると、ギャップはありますが、世界市場の金価格同様に右肩上がりで上昇し、2013年初めに1gあたり5000円近くまで上昇。その後いったんは下落するものの、2014年後半から、一転して上昇基調になり、2015年5月平均で1g=4600円台に戻しています。6月19日現在の小売価格では、1g=5169円。5000円台を超えてきました。

世界市場で金価格が低迷するなか、なぜ日本の金価格は上昇を続けるのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.