くらし情報『『劇場版 弱虫ペダル』原作者・渡辺航が明かす、会話劇とシナリオ制作「この状況後に何を喋るか、誰が託して誰が勝つか」』

2015年9月3日 22:00

『劇場版 弱虫ペダル』原作者・渡辺航が明かす、会話劇とシナリオ制作「この状況後に何を喋るか、誰が託して誰が勝つか」

『劇場版 弱虫ペダル』原作者・渡辺航が明かす、会話劇とシナリオ制作「この状況後に何を喋るか、誰が託して誰が勝つか」
●舞台は熊本の阿蘇、ロードレースにおいてロケーションは舞台装置の一つ
シリーズ初となるオリジナル長編映画『劇場版 弱虫ペダル』が、8月28日より全国で公開された。漫画誌『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の『弱虫ペダル』は、コミックス累計発行部数1,400万部を超える人気作。平凡なオタク少年・小野田坂道が、高校で自転車競技部に入り、自転車ロードレースの才能を開花させていくスポーツ漫画だ。2012年に舞台化され、2015年10月からは第7作目となる舞台「『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~」が公演予定。今最もチケットが取れない2.5次元舞台として知られている。

アニメも2013年から放送が開始され、2015年3月に第2期が終了。そして今回公開された劇場版は、そのTVシリーズの続きとなるインターハイ終了後のエピソードが描かれる。ファン待望のオリジナル長編、そのシナリオを担当した原作者・渡辺航氏に話を伺った。

――本作のメインは「熊本 火の国やまなみレース」となります。なぜ劇場版の舞台を熊本にしたのでしょうか?

僕の地元が長崎で、いつも帰省するときは飛行機で広島や香川などで降りて、自転車で帰っているんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.