くらし情報『秋元才加、念願の時代劇に初挑戦!「私ひとり顔が濃いんじゃないかな」』

2015年9月22日 07:00

秋元才加、念願の時代劇に初挑戦!「私ひとり顔が濃いんじゃないかな」

秋元才加、念願の時代劇に初挑戦!「私ひとり顔が濃いんじゃないかな」
AKB48で女優の秋元才加が、10月6日にスタートする、BSジャパン開局15周年記念特別企画『火曜スペシャル 山本周五郎 人情時代劇』(毎月第1・2火曜21:00~21:54)の第2話に出演し、時代劇に初挑戦することが21日、分かった。

秋元が登場するのは、10月13日に放送される「夜の辛夷(こぶし)」。里子に出した子供のために、実際には24歳でありながら客には18歳と偽って必死に生きる女郎・お滝を演じる。お滝は、過去の出来事から男と悪人を憎むが、ある日、客としてやってきた忍成修吾演じる元吉にほれてしまい、秋元が、この気持ちが揺れていく様子を熱演している。

秋元は、日本舞踊を習っているほど、以前から時代劇への出演を希望していたが、長身であり、ハーフで顔立ちがはっきりしているため、なかなかオファーは来ないと思っていたという。しかし、今回早くもその夢が実現。「周りの方を見ると、私ひとり顔が濃いんじゃないかなという不安はあります(笑)」と冗談めかすが、念願の時代劇に気合十分だ。

最初は緊張して「どう取り組めばいいのか分からなかった」というが、「あたま(かつら)をつけて、江戸の町のセットに入ったら、スッとその世界に入っていけました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.