くらし情報『登坂淳一アナ、0歳の娘に赤ちゃん言葉「使うんでちゅね~」』

2021年10月19日 19:28

登坂淳一アナ、0歳の娘に赤ちゃん言葉「使うんでちゅね~」

登坂淳一アナ、0歳の娘に赤ちゃん言葉「使うんでちゅね~」

さまざまな分野の育児を頑張ったパパを表彰する「イクメンオブザイヤー2021」の授賞式が19日、都内で行われ、受賞者のJOY、登坂淳一、EXILE MAKIDAI、フィッシャーズのンダホ、アレックス・ラミレスが登壇した。

今年の4月に第1子女児が誕生し、49歳で「白髪のパパ」となった登坂は「50歳を前に子どもを授かった。不妊治療を経ての誕生だったので、子どもが生まれたときの気持ちは忘れない」と笑顔。「育児を積極的にやる中で発見すること、学ぶことが多いと感じる。この賞を励みにより一層、子育てを邁進したい」と語った。

会場には交流のある人から受賞のお祝いビデオメッセージが届いており、登坂はタレントの井上咲楽から祝福された。井上が「登坂さんが赤ちゃん言葉であやしていた」と暴露されると、登坂は赤面しながらも「使うんでちゅね~」とカメラの前で話し、笑いを誘った。

1年前の10月19日に第1子女児が誕生したJOYは「同じ日にこうして賞をもらえて感慨深い」としみじみ。パパ1年目の育児は「イクメンという言葉を意識せず、ただ楽しく娘と過ごしてきた。周りには育児を奥さんに任せっぱなしの人が結構いる。世の中の父親たちが少しでも育児に興味を持ってもらえたらうれしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.