くらし情報『国交樹立50年! “観光立国”シンガポールとの交流促進の意図』

2016年2月3日 09:30

国交樹立50年! “観光立国”シンガポールとの交流促進の意図

●リピーターが多いシンガポールからのインバウンド
ここまで挙げたプランはほんの一部で、このほかにも数多くの事業が展開される予定だ。国交樹立50周年という“節目”ではあるとはいえ、これほど手厚く各種キャンペーンが実施されるのはあまり例をみない。言い換えると、両国がいかに相手国を重視しているかの表れともいえる。

特に日本からみてシンガポールからの観光客は重要な存在だ。2015年、インバウンド観光客は約1,974万人に達した。うちシンガポールからの観光客は約30万9,000人で、中国からの約500万人、韓国からの約400万人、台湾からの約370万人に比べると、数字そのものは見劣りする。だが、シンガポール人口約387万人(シンガポール人・永住者、2013年9月・外務省データ)のうちの30万人超であることを考えれば、台湾や韓国にひけを取らない高い割合で、日本が観光先に選ばれているのかがわかる(台湾人口:約2,343万人、2014年12月。韓国人口:約5,000万人、2013年。ともに外務省データ)。

また、訪日回数が多いこともシンガポールからのインバウンド観光客の特徴だ。JNTOのシンガポール事務所長 真鍋英樹氏によると「日本を訪れるシンガポール人のうち、過去3~4回来日したことがあるのは22.8%、5回以上が30.3%を占める。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.