くらし情報『国交樹立50年! “観光立国”シンガポールとの交流促進の意図』

2016年2月3日 09:30

国交樹立50年! “観光立国”シンガポールとの交流促進の意図

つまりリピーターは5割以上」という。

リピーターが多いというのは大きなポイント。日本を初めて観光する際、真っ先に候補に挙がるのは京都・大阪、そして東京だろう。3~4泊の旅程の場合、これらの都市周辺の観光地を巡るだけで“手一杯”になると考えられる。一方、リピーターであれば、それらの有名都市は観光済み。まだ巡り切れていない地方へ脚を伸ばす可能性がグンと高くなる。“地方創生”を掲げる日本としては、地方へ脚を伸ばす可能性が高い観光客の存在はありがたいといえよう。

加えてシンガポールからの観光客は安定的と判断できるのも好材料。シンガポールは国民一人あたりのGDPが56,284USドルと高水準で、前述したように日本との大きな軋轢はほとんどない。中国からの観光客が増大したとはいっても、経済低迷が懸念されていることを考えると、いつ来日ペースが失速するかわからない。また、領土問題や外交問題のこじれから、観光客が急激に減少する可能性もゼロではない。STBとJNTOは、観光だけでなく“人と人との交流”“ビジネスの交流”“文化の交流”“政府間の交流”と、SJ50プランは観光だけの施策にはとどまらないと強調する。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.