くらし情報『農業のディズニーランド!? 「なめがたファーマーズ・ヴィレッジ」の遊び方』

2016年2月10日 10:44

農業のディズニーランド!? 「なめがたファーマーズ・ヴィレッジ」の遊び方

農業のディズニーランド!? 「なめがたファーマーズ・ヴィレッジ」の遊び方
●全国屈指のさつまいもの街で企業とJAと農家の一大プロジェクト
2015年10月茨城県行方市に、日本初のさつまいものテーマパーク「なめがたファーマーズ・ヴィレッジ」がオープンした。"農業のディズニーランド"とすることを目指し、企業とJAと農業生産法人の三者で設立された同施設は、TPPに揺れる日本の農業の中にあって今注目の取り組みとなっている。今回はこの魅力と楽しみ方をたっぷり紹介しよう。

○ただの加工工場ではなく体験型テーマパークを

ヴィレッジは茨城県南東部に位置する行方市、北浦と霞ヶ浦の2つの湖の間にあって水と緑に恵まれた一大農業地域に位置する。茨城県はさつまいもの三大産地のひとつで、鹿児島県に次ぐ国内第2位の収穫量を誇り、行方市は県内有数のさつまいもの産地として知られている。

ヴィレッジの建設は、おいもさんのお店「らぽっぽ」で知られ大学芋で国内販売シェア8割を有す白ハト食品工業が、さつまいもの加工工場を目指して実現したもの。その誘致に際し、地元JAなめがたは単なる工場でなく地元農業の魅力を知る体験を入れ、地域貢献につながる場にすることにこだわった。

両者は話し合いを重ね、ここを「見る」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.